スタッフブログ

亀岡市木造住宅耐震改修事業費補助金始まっております。

2022/04/18(月) 耐震のこと
木造住宅耐震改修事業費補助金(耐震改修)

●対象となる木造住宅(次の3つの条件すべてを満たす住宅)
1.昭和56年(1981年)5月31日以前に着工し、完成している住宅。(その後大規模な増築や改築を行っていない)
2.延べ床面積の半分以上が住宅として使用されている木造住宅。
3.一般診断法または精密診断法による耐震診断の結果、耐震評点が1.0未満で倒壊の危険性が高いと判断された木造住宅
●対象となる工事
耐震評点を1.0(建築物の構造上やむを得ない場合または居住性が著しく悪化する場合は0.7)以上にするための改修工事
●補助金の額
耐震改修に要した経費の5分の4以内(最大100万円まで)

木造住宅耐震改修事業費補助金(耐震シェルター設置)

 

耐震シェルターとは、住宅が地震によって倒壊した場合でも、安全な空間を確保することができる堅固な構造物で、住宅の1階(主に寝室となる部屋)に設置します。

●対象となる木造住宅(次の2つの条件を満たす住宅)
1.昭和56年(1981年)5月31日以前に着工し、完成している住宅。(その後大規模な増築や改築を行っていない)
2.延べ床面積の半分以上が住宅として使用されている木造住宅。
●対象となる耐震シェルター
京都府により指定されています。
●補助金の額
耐震シェルター設置に要した経費の4分の3以内(最大30万円まで)

亀岡市役所HP↓

https://www.city.kameoka.kyoto.jp/soshiki/36/3903.html

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ