スタッフブログ

耐震診断行ってきました

2022/02/01(火) 耐震のこと

本日不動産会社さんの案件にて耐震診断をしてきました。

 まずは外部!建物全景は載せれませんが、何枚か外部の写真。

外部

庇板金に錆が無いか、破損は無いか確認。

大屋根の瓦にズレは無いか、割れは無いか確認。漆喰面戸が多少劣化しつつありました。

外壁の塗膜が剥離しておりました。

 

 

外壁チョーキング(手で触ると色粉が付く状態)劣化しつつあります。

外壁クラックの確認。

劣化があると耐震の評点に影響が出てきます。

今回は基礎のひび割れは無かったですが、外部では、屋根、外壁、樋、基礎の劣化の有無等を確認致します。その他、気になる所は写真撮ります。

 

 

天井裏

 

筋交い釘打ち確認。

釘なのか、筋交いプレートなのか、厚さで耐震の評点が変わります。

火打梁確認。

火打の有る無しで耐震の評点も変わってきます。

全景

 

 

野地板状況確認。ルーフィング破れ確認。

雨漏れが無いか、ルーフィング(防水紙)が破れてないか確認します。

全景

天井裏の断熱材は無し。

天井裏では、金物の有無、筋交いの有無、雨漏れがないか、その他気になる所があれば写真を撮ります。

 

床下

 

木部含水率25.7%

木にどれだけ水分を含んでいるのか、27%を超えるとカビが発生しやすくなります。

和室全景

廊下全景

床下の高さがあまりなく2部屋しか床下は調査出来ませんでした。床下では、基礎のひび割れ、漏水、腐朽、蟻害がないか等確認します。ひび割れ、腐朽、蟻害、蟻道が歩かないかで耐震の評点が変わってきます。

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ