スタッフブログ

阪神・淡路大震災

2022/01/17(月) 日々のこと

毎年、追悼式に参加

去る1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生しました。
戦後初の大都市直下型地震は、関連死を含め6434人の命を奪い、日常生活を崩壊させました。
震災では建物の倒壊や火災などが相次ぎ、その後の「災害関連死」も含めて、6434人が亡くなりました。

阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼するとともに、震災で培われた「きずな・支えあう心」「やさしさ・思いやり」の大切さを次世代へ語り継いでいくために毎年開催しており、今年は震災の発生から丸27年を迎えました。

地震が発生した1月17日の前日から園内にはさまざまなメッセージが書き込まれた竹灯籠・紙灯籠が「忘 1.17」の形に並べられ、17時ごろから参加者が中のろうそくに点灯。5時46分には黙とうが行われました。今年のことばを選ぶための一般公募に「忘れない」や「忘れてはいけない」などが多く寄せられ、震災を忘れずに次の世代に伝えていくという思いを込めてこの文字となったそうです。

私どもは皆さんの安心・安全を守るための住まい造りを今後も進めて参ります。

神戸関電ビルのライトアップ

希望の灯り

 

 

1.17希望の灯り 紙灯篭点灯

紙灯篭 点灯

 

 

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ