スタッフブログ

役立つ防災豆知識vol.29

2022/04/11(月) 日々のこと

役立つ防災豆知識vol.29

防災は日頃の備えから!
知識を身に付け防災力をアップ!
周りの方にもご案内しましょう!

 

 今月のテーマ
耐震診断をしたほうがよい木造住宅は?

建築基準法には一定の強さの地震が起きても倒壊または損傷しないように最低限の「耐震基準」が定められており、1981年と2000年に改訂されています。築年数や家の状況を確認し、耐震診断をした方がよいかどうか確認しましょう!

 築年数による耐震基準
木造住宅では、1981年(昭和56年)6月に施工された「新基準」とそれ以前の「旧基準」で区別されることが多いですが、その後も改正され、2000年6月に現行の耐震基準になっています。

お住まいの耐震性チェック
一つでも当てはまった場合は、「耐震診断」をおススメします。
1981年5月31日以前に建てた2000年5月31日以前に建てた屋根や外壁の手入れをしていない基礎や外壁にひび割れがある和瓦、洋瓦などの重い建物である1階に壁がない建具の建てつけが悪い家の傾きを感じる

 

メンテナンスも大事ですが家の状況も知っておいた方がいいですね。

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ