スタッフブログ

役立つ防災豆知識vol.13

2022/03/22(火) 日々のこと

役立つ防災豆知識vol.13

 防災は日頃の備えから!
知識を身に付け防災力をアップ!
周りの方にもご案内しましょう!

今月のテーマ
簡易水のうを使った水害対策

短時間に大量の雨が降るゲリラ豪雨や、台風などによる水害が年々増えています。室内への浸水対策として、土のうや止水板がありますが、家庭にある身近な材料で簡易的に作れるものに「水のう」があります。作り方を覚えて、いざというときに対策できるようにしましょう!

簡易水のうの作り方
①ビニール袋(ゴミ袋45リットル程度)を二重にして、水を半分程度(20リットル)入れます。
②袋の空気を抜いて、しっかり縛ります。

使い方1:浸水を防ぐ
玄関先などの浸水対策に、段ボールに入れた水のうを、ブルーシートでくるむ。
使い方2:下水の激流を防ぐ
ビニール袋の代わりに、ポリタンクや土が入ったプランターでも浸水対策になります。流れてしまわないようにブルーシート等でしっかり包むと良いでしょう。

 

プラ問題でレジ袋が有料になりましたが、袋は必要としてる人は多いと思いますね。

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ